imac late2012モデルのCPU交換と液晶パネルのおじぎ修理

IMAC2012stand_01

 

iMac Late 2012モデルをお使いのユーザー様より、CPU交換のご依頼をいただきました。

このモデルは、薄型ディスプレイになった最初のモデルで

本体とディスプレイが接着されて、非常に分解が困難なモデルとなります。

なにしろ、ガラスの厚みが3mm位しかありませんので

ちょっと力のかかり具合がズレただけで、容易にひび割れてしまうのが難点です。

 

また、このような構造もあり、購入後のCPU交換を行っているショップは世界中を探してもほとんど無く

もちろん日本では「アップルナビ」だけが保証付きで作業を行っております。

 

過去には個人でCPU交換を行ったものの、OSのアップデートが出来なかったり

最悪の場合起動出来ないなどのご相談もあり、幾度となく修理をさせていただいた事もございました。

 

さて、今回のモデルは2012年27インチの下位モデルがベースですので

元のCPUはCore i5 2.9GHzから、純正オプション仕様のCore i7 3.4GHzへのアップグレードとなります。

まずは分解前に外観チェックをしましたが

モニターが頭を垂れて下向きのままになっていました。
このモデルによくある故障で

スタンドとモニターを保持しているスプリングの受けのプラスチックが欠損してしまうのが原因です。

このスプリング修理だけでも内部の分解が必要ですが、今回はCPU交換と同時に修理する事で、格安で修理が可能です。

 

内部を分解すると、やはり長年の使用に伴うホコリの付着がとても目に付きます。
今回の場合、iMac本体下部から吸い込んだホコリが、ロジックボード下側を塞いでおり

ファンに向かう通路が確保出来ず、きちんと排熱が出来ていない状態でした。

 

アップルナビでは、どんな作業であっても

内部を分解した時は専用の機械にて完全にホコリを除去してから、作業を進めさせていただいております。

内部の熱がきちんと排熱出来ない場合、CPUやGPUが熱暴走をして

レインボーカーソルが廻る時間や回数が増えるなどの症状が出て、非常に作業効率が悪くなります。

 

今回のようにCPU交換に伴いロジックボードの脱着が必要な場合

部品を取り外して裏側の隅々まで清掃を行います。

 

ロジックボードが外れたので、今回のメインの作業であるCPUを交換します。

CPU交換が完了したら、ロジックボードを戻す前に

スタンドを保持しているスプリング部分の修理を行います。
確認した所、やはりスプリングの受けのプラスチックが破損しており

スプリングがきちんとあるべき位置に納まっていませんでした。

 

この部分の修理をアップルに依頼すると、同じプラスチック部品が交換されて戻って来ます。
材質が同じなので、おそらく数年後にはまた割れてしまうでしょう。

 

アップルナビでは、代替品として金属のパーツを使って修理をしますので

2度と割れる事はございません。
このように、修理をする場合は元のパーツをそのまま直す場合もありますが

故障の原因によっては、一からパーツを造る場合もございます。

 

CPU交換と液晶パネルのおじぎの修理も完了して

ようやく本体と液晶パネルの接着をしてすべての作業が完了します。

 

今回の修理は、午前中にお客様からのiMacが到着し、途中スタンドの追加修理の確認をして

すべての作業が完了するまでおよそ3時間でした。
夕方にはお客様への返却が可能でしたので、お客様の手元を離れた期間は1日弱で済みました。

 

一般的には宅配便などで日本全国から送っていただいてますが

お近くにお住まいでご来店いただける場合、そのまま即日作業が可能な場合もございますので

お急ぎでしたら事前にご相談下さい。

日本で唯一のMacカスタマイズ専門店「アップルナビ」は、本日もお客様からのご相談をおまちしております(^^)

 

Macカスタマイズ専門店アップルナビは、株式会社パワーステージが運営しています。

 

 

株式会社パワーステージ

住所 群馬県沼田市横塚町886-3

営業時間 10:00〜18:00

電話番号 0278-25-8010

アクセス 沼田駅より車で19分

定休日 土・日・祝日(イベントにより不定休の場合有り)

当社Facebookはこちら

http://bit.ly/29Io0Bj